用途別レンタルサーバー

アダルト対応レンタルサーバーを比較。アダルトサーバーの選び方も紹介

更新日:

adult-rentalserver

レンタルサーバーを利用して、アダルトや出会い系のサイトを作ろう!

実はその考え大きな落とし穴があって、レンタルサーバーの中にはアダルト非対応のものも多いのです。

アダルト対応でかつ良いレンタルサーバーを選択できるよう、選び方のポイントを確認していきましょう。

(おすすめのアダルト系レンタルサーバーも紹介中です)

『アダルトサイト対応のおすすめレンタルサーバー』まで進む

アダルト向けレンタルサーバー選びのポイント

  • アダルト・出会い系に対応しているか
  • 高速環境や基本スペックは十分か
  • wordpressが使いやすい環境か

当然ですがアダルトや出会い系などちょっとエロスを感じさせるものに対応しているかは確認しましょう。

また基本的なサイト運営で求められる高速環境や基本スペックなどもチェック。

これだけでも十分な気はしますが、それぞれの項目を少し掘り下げていきますね。

アダルト・出会い系に対応しているか

アダルトと出会い系は何かと物議を醸すジャンルなため、避けているレンタルサーバーも多いです。

特に記載がないからと言って大丈夫なわけでもなかったりするので、アダルトサイトを運営したい場合はメールなどで確認しておくと良いかも。

一応このページで紹介しているレンタルサーバーに関しては、筆者が確認をとっているかもしくは公式サイトに記載があるものですのでご安心を

※ただし許可から不許可へ変更されている可能性もあるのでそこは気をつけてください。

高速環境や基本スペックは十分か

現在のレンタルサーバー業界だと、主にLiteSpeedウェブサーバーやSSD、HTTP/2やQUIC、RAID構成などで高速性を判断できます。

もっと掘り下げて知りたいという方は「本当に高速なレンタルサーバーの選び方」でそのへん触れているので、そっちを確認してみてください。

ざっくり判断するならSSDかどうかと、webサーバーソフト(Apache以外推奨)に何を使われているかを見てみると良いです。

ちなみにこのページでは高速性とひとくくりにして、筆者がざっくり評価してます。

wordpressが使いやすい環境か

個人サイト運営をする場合主に使われるのがこのwordpressです。

というか現在のサイト運営のスタンダード的存在で、深いプログラミング知識を必要としないため使えると一気に敷居が低くなります。

wordpressを導入するにはDB(データベース)一つとドメインを必要としますので、そこは見ておきましょう。

ちなみにマルチドメインが導入できる独自ドメイン数で、サブドメインが独自ドメイン直下に作れるドメインの数です。

……このへんの用語は面倒くさいのでマルチドメイン数が多いと強いぐらいに捉えておくと良いかと。

アダルトサイトを運営したい人におすすめのレンタルサーバー

アダルト対応しているレンタルサーバーの中で、これはというものをピックアップして紹介していきます。

結論言っちゃうとmixhostが最強説あるのですが、部分部分で見ると他レンタルサーバーにも良さがあるので、場合によっては他もありかと。

※当然ですが児童ポルノとか無修正とかは日本の法律が適用されるのでアウツです…。

※2 月額は12ヶ月契約時のものです。

高速かつ高性能『mixhost』

mixhost

mixhost初期費用/月額アダルト対応高速性マルチドメインDB数
(データベース)
スタンダード無料/980無制限無制限

mixhostはレンタルサーバー業界の中でも屈指の高速性能を誇ります。

具体的にいうとLiteSpeed採用でSSD搭載、RAID10構成にHTTP/2対応、さらに新高速化技術であるQUICもあると言う事なし。

強いて問題点を上げるとすると2016年に開始したサービスで、まだまだ日の浅いレンタルサーバーであるという点でしょうか。

それを踏まえてもこれだけの性能をこの価格で提供しているのは大きいです。

高速なウェブサイトを運営していきたいなら有力なレンタルサーバーですよ。

mixhostの詳細を知りたい方はこちら

mixhostの申し込みはこちら

CPU・メモリに強い『JETBOY』

JETBOY

JETBOY初期費用/月額アダルト対応高速性マルチドメインDB数
(データベース)
スタンダードSSD3500/980無制限40

JETBOYは格安でかつ、割と高速というコストパフォーマンスの良さが売りのレンタルサーバーなのですが、ことアダルトとなると話は別。

ミニSSD(月290円)、ファーストSSD(月580円)のプランではアダルトは負荷となっているのです。

そのためスタンダードSSD(980円)以降のものを使う必要があるのですが、そうなると同価格のmihostでいいんじゃないか説が…。

ただ一応JETBOYの方が同価格だとCPUとメモリ数が多いため、不可の大きいウェブサイトを構築する場合選択肢に入ります。

コンテンツを自動作成するようなウェブサイトを作る場合はJETBOYの方が良いかもしれませんね。

JETBOYの詳細を知りたい方はこちら

JETBOYの申し込みはこちら

老舗レンタルサーバーなら『FUTOKA』

FUTOKA

FUTOKA初期費用/月額アダルト対応高速性マルチドメインDB数
(データベース)
スタンダードSSD2500/78011

アダルトと言えばFUTOKAというぐらい、アダルトサイト運営者には馴染みの深いレンタルサーバーです。

ただJETBOYやmixhostの登場で徐々に立場を失いつつある印象がありますが…。

FUTOKAのメリットは月額が他2つより安いという点と、電話サポートに対応している点でしょう。気軽に試してかつ手厚いサポートを受けられます。

逆に欠点は最安値プランだと使えるDBと独自ドメイン数が一つという点、これではサイトを一個しか作れません。

FUTOKAを使う場合は、一球入魂の覚悟をもつ必要がありますね。

FUTOKAの詳細を知りたい方はこちら

FUTOKAの申し込みはこちら

アダルト向けレンタルサーバーについてまとめ

  • アダルト非対応のレンタルサーバーを使わないよう注意
  • mixhostがド安定、JETBOYは自動収集系サイトを作るなら
  • FUTOKAは安心感を求める人向け

どのサーバーを使うとしても無修正とかは日本の法律に引っかかるのでダメですよ。

やるなら海外サーバーとかなんでしょうが、ちょっとこの辺は反社会的になってくるので触れないでおきます……。

どのサーバーが良いのか決めるとしたら「mixhost」ですかね、性能面や価格面全体を見ると最も優れていると言っても過言ではない感じですから。

『アダルトサイト対応のおすすめレンタルサーバー』まで戻る

mixhostの申し込みはこちら

紹介したアダルト向けレンタルサーバー比較表

ざっくりと比較するようの表です。

『公式HPへ』からそれぞれの公式サイトへ飛ぶことができます。

初期費用/月額アダルト対応高速性マルチドメインDB数
(データベース)
公式サイトへ
mixhost
スタンダード
無料/980無制限無制限

公式HPへ

JETBOY
スタンダードSSD
3500/980無制限40

公式HPへ

FUTOKA
スタンダードSSD
2500/78011

公式HPへ

-用途別レンタルサーバー

Copyright© 【個人向け】レンタルサーバーの選び方 , 2019 All Rights Reserved.